自由形またはクロールを泳ぐ方法

    Mat Luebbersは、日本海兵隊コミュニティサービスの沖縄イルカ水泳チームのヘッドコーチ兼プログラムディレクターです。彼はスポーツ科学の修士号を持っています。私たちの編集プロセス マットルーバーズ2019年5月24日更新

    あなたがプールで快適で、水中で息を止めることができ、そしてあなたが自由形(あなたはそれをクロールと呼ぶかもしれません)を泳ぐ方法を学びたいなら、あなたは正しい場所に来ました。これは、基本的なフリースタイルを泳ぐ方法を自分で学ぶのに役立つステップバイステップガイドです。快適になるまで各ステップで作業してから、次のステップに進みます。

    次のステップを理解したら、最初に戻って、確認するために必要なだけ迅速に各ステップを実行します。すべての手順を完了すると、自由形で泳ぐ方法を学び、いくつかの準備が整う可能性があります。 水泳トレーニング

    06年1月

    自由形の体の位置

    自由形を泳ぐ少年

    garysludden / Photodisc /ゲッティイメージズ





    最初のステップは、体の位置を学ぶことです。プールの底に立って、まっすぐに、正しい姿勢で、腕を互いに平行に持ち上げ、上腕二頭筋を耳の横に置きます。あなたはタッチダウンを合図するフットボールの審判のように見えます、あなたの腕は数字の11のように見えます。これは開始位置であり、これはあなたが各ストロークの開始時に常に戻る位置です。

    今、同じ位置に水に平らに横たわっています。その位置で壁を押しのけても大丈夫です。長く持ちにくいので、頑張ってください。プールの底をまっすぐ見下ろし、腕をタッチダウンの位置に合わせ、指を目的地に向けます。呼吸するために立ち止まらなければならないときは、立ち止まって立ち上がって呼吸してください!



    06年2月

    自由形キック-脚

    次に、自由形またはバタ足を追加します。壁をつかむことから始めます。キックは、長くまっすぐな脚とリラックスした足首を備えた腰から行う必要があります。可能であれば、つま先を向けます(バレリーナのように)。上下に蹴り、足の上下で水を押していると想像してください。片方の足を上に、もう片方の足を下に、そして逆にします。

    次に、振り返ってタッチダウン位置で壁を押し出し、キックを追加します。腕が目的地を指していることを覚えておいてください。目はプールの底を見下ろしています。息を止めて、できるだけ遠くまで蹴ります。呼吸するために立ち止まらなければならないときは、立ち止まって立ち上がって呼吸してください!その後、すべてをやり直します。

    ビート板を使ってキックだけを練習することができます。



    06年3月

    フリースタイルプル-腕

    今度はプルアームを追加します!タッチダウン位置から始めて、壁を押し出し、蹴り(腰からつま先を向ける)、目を真下に向け、片方の腕をプールの底に向かって下にスイープし、次に足に向かって、次に上に向かってスイープします。ヒップ、それから水から出て、それが始まったところに戻って。指先で巨大な円を描いていると想像してみてください。これは、高レベルの自由形スイマーが行う正確な方法ではありませんが、ストロークを学び始めるのに最適な方法です。

    片方の腕でその大きな円を作ります。開始位置に到達したら、もう一方の腕でストロークを行います。 2、3回繰り返します(急ぐ必要はありません。速くする必要はありません)。できるだけ多くのことを続けて行います。立ち止まって息を吸ってから、その位置に戻ってもう一度行ってください。

    06年4月

    自由形呼吸-空気が必要です!

    あなたがどんな距離でも泳ぐつもりなら、あなたは泳ぎながら呼吸することを学ぶ必要があるでしょう。壁を持って、顔を水に入れて、プールの底を見てください。顔が水中にあるときに小さな泡を吹き、頭を回転させて横向きにし、口を水から出して吸い込むのに十分なだけ頭を回します。息を吸ったら、顔を回転させて水に戻し、目を下に向けて、もう一度小さな泡を吹きます。

    泡を練習し、回転させ、息を吸い込み、回転させ、泡が快適になるまで泡立てます。高度なステップは、吸入のために水から顔を回転させる直前に大規模な呼気を行うことです。小さな泡、目を横に回転させ始め、大きな泡、息を吸い込み、目を下に回転させます。

    06年5月

    脳卒中に呼吸を合わせる

    呼吸の部分が下がったので、泳いでいる間にそれを行う必要があります。吸入の回転は、片方の腕が腰に向かって戻るときに発生します。その腕が戻るとき、あなたはその側に向かって回転して呼吸をし、呼吸を完了し、その腕がタッチダウン位置に戻る前に再び目を下に向けて回転します。

    タッチダウン位置で壁を押し出し、目を下に向け、蹴り、小さな泡を吹き、腕を引っ張ると、その腕が腰に向かって動くと、息のために回転します-目を横に、吸い込み、腕が通り抜けるときに目を下に回転させますタッチダウン位置で開始した場所に空気を戻します。もう一方の腕で引っ張ってください。もう一度最初の腕で引っ張って、息を吸います。繰り返す、繰り返す、繰り返す。

    06の06

    あなたは自由形を泳いでいます

    あなたはそれをやっています!それが自由形で泳ぐことを自分自身に教える方法の基本です。あなたが学ぶことができる多くの高度なフリースタイルストロークテクニックドリルがあります-そして私はあなたがそうすることを願っています-しかしこれは素晴らしいスタートです!それを維持し、あなたが欲求を感じたら、いくつかの水泳トレーニングを始めてください。あなたは水泳のすべての利点に驚くかもしれません。

    泳ぎましょう!